無料メルマガ登録 お問い合わせはこちら

インタビューレポート・コンサルタントブログの紹介

業績を伸ばしている旅館・ホテル業のインタビューレポートと担当コンサルタントのブログをご紹介

  • 19/03/15 ☆簡単チェックリスト付き☆働き方改革関連法のポイント!【働き方改革コラムVol.1】

     

     

     

    皆さま こんにちは。
    船井総研 ライフスタイル支援部 髙島です。

    この度は、2018年6月29日に成立した『働き方改革関連法』を
    テーマに第10回のコラムを書かせていただきます。

    第1回目では、『働き方改革関連法の概要』
    皆さまに抑えておいていただきたいポイントを簡単に確認いただける
    チェックシートと共に解説をしていきます。

    では、本題に入っていきます。
    早速ですが、皆さま下記の簡単なチェックシートを回答してみてください。

    設問は全部で13種類あります。

    ・・・ここから先は、チェックシートを回答してからご覧ください。

    チェック項目が『0~4点だった方』
     働き方改革に向けて早急に準備をする必要がありそうです。①『労務規定と 実態の整備 』の項目で施行に向けた動き出しがまだであれば、ぜひすぐにでも実施していただけるのが良いかと思います。

    チェック項目が『5~9点だった方』
     新聞やニュースなどで情報は知っているけれど、対策はこれから。という方が多いのではないでしょうか?働き方改革に対する取り組みは数カ月では結果が出にくいことが大きな特徴です。早めのスタートが切れるよう、準備していただければと思います。

    チェック項目が『10~13点だった方』
     働き方改革に関しての情報も抑えた上で、対策もスタートしている方が多い印象です。しかし、実施していく中で何から進め、どのように展開していくべきかちょうど壁に当たっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?ぜひ、今後の他社事例も参考に自社に落とし込んでみてください。

    簡単に『働き方改革関連法案』の内容に関して、チェックシートを通じてお伝えさせていただきましたが、
    この内容を実施しなかった場合のリスクも最後にお伝えさせていただければと思います。

    (1)時間外労働の上限規制について
     大企業では2019年4月1日、中小企業では2020年4月1日より施行されます。
     労働基準法改正案から年間720時間に上限が変わります。繁忙月であっても上限100時間、複数月平均80時間未満と定められています。
     
     罰則の内容は「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」です。

    (2)60時間を超える時間外労働に対し、割増賃金率5割以上
     こちらはすでに大企業には適用されていたものの、これまでは中小企業への適用が猶予されていた制度です。
     法定の割増率以上の割増賃金を支払わない場合、賃金の未払いとなるので罰則の対象となります。
     こちらは2023年4月1日より中小企業への猶予が撤廃されます。

     罰則の内容は「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」です。

    (3)年次有給休暇の会社の時季指定
     法改正で、会社は年間で最低5日、労働者に年次有給休暇を取得させることが義務づけられますが、
     取得させなかった場合は罰則の対象となります。

     罰則の内容は「30万円以下の罰金」です。

    上記の罰則は、1名の従業員毎に発生するのかそれとも、1社に対し発生する罰則なのかは
    まだ明確になっていませんが、

    最近は残業証明アプリというものが社労士によって作成され、従業員個人が
    携帯のGPS情報を利用して、実際の労働時間を算出できるようになっています。
    実際に裁判沙汰になっているケースも出てきており、待ったなしのテーマになっていることは明白です。

    未払い残業も過去2年分の遡及請求ができるようになることを考えると
    かなりリスクは高い状況であることが伺えます。

    そんな『働き方改革関連法案』施行に向けて今からできること。
    これらに対し、まず皆さまに変えていただきたいのは、『働き方改革関連法案』に対する捉え方です。

    上記のようなリスクの話が出ると必ず、遵法化することに重きを置きがちですが、
    これを一つの経営戦略と考え、会社の成長・利益に繋がる手法を考えていただくことが重要です。

    しかし、『働く時間の制限』がある中でこれまで通りの戦い方では、業績アップを実現するのは難しいと
    感じておられる方が多いと思います。

    戦い方をシフトする際に必ず初めに行っていただきたいことは現状把握です。
    ・自社が『働き方改革関連法』に対し、遵法化している又は、していない部分はどういった部分でリスクはどれだけあるのか。
    ・自社のすべての業務を洗い出し、利益向上に繋がる設計を見直すこと。
    ・自発的に生産性を向上させる組織を作るために、今自社の組織体はどのような状況であるのか。

    現状把握をしていただくためにこの度、下記のメニューを用意させていただきました。

    1)もうすこし無料の経営相談(30分程度)詳しい話が聞きたいという方へご用意
    2)『働き方改革診断』    ・すぐに現状分析を開始し、スタートを切りたいという方へご用意

    下記のアンケートにてご応募可能ですので2つのメニューからお選びください。
    ◆こちら(https://goo.gl/forms/bMSfOk88GOOgeNQ13

    強い想いをもって、新たな戦い方へ少しでも踏み出していただきたいと考えています。

    次回は、
    『☆企業成長を諦めない☆働き方改革関連法との向き合い方!【働き方改革コラムVol.2】』と題して、
    働き方改革法におけるそれぞれの項目がどのような基準になっていて、どのような対策を
    とっていただくべきか、解説をさせていただきますので、ぜひ引き続きお読みください。

    ◇◆◇◆◇◆直近のセミナーのご案内◇◆◇◆◇◆

    船井総合研究所が開催するインバウンド集客セミナー!
    『インバウンド集客セミナー』◇3月25日東京開催参加募集中!

    今回のセミナーは、インバウンド強化で売上7000万円を増加し、老舗旅館のインバウンド集客成功事例を紹介します。そして、海外OTAの効果を最大化させるポイント、今から取り組むインバウンド強化3つのステップ、老舗旅館こそ、インバウンドに取り組むべき理由など、凝縮されたインバウンドノウハウを一気にご紹介致しますので、是非ご参加してください。

    《詳細はコチラから》

    ◇◆◇◆◇◆勉強会へのお申し込みは下記から◇◆◇◆◇◆

    船井総合研究所と陣屋コネクトが開催する!週休2日の宿泊施設を実現する経営勉強会
    『週休2日旅館経営研究会』◇東京開催の無料お試し参加募集中!
    《詳細はコチラから》
    http://leisure-business.net/benkyokai/

  • 19/03/14【セミナー案内付】海外OTAのと特徴と予約率を向上させるヒントとは?

     

     

     

     いつもお読みいただきありがとうございます。船井総合研究所 観光グループの王です。

     昨年2018年訪日外国人旅行者数が初めて3千万人台を突破し、2020年の東京オリンピック開催に伴い、日本のインバウンド市場はますます拡大していくことが予想されます。そして、宿泊業界においても、2019年は、『インバウンド集客』を形にするために最も重要な1年となるでしょう。

    そこで、地方観光地の老舗旅館・ホテル様で稼働率アップに課題を感じている方、大きな投資をすることなく業績を伸ばしたいとお考えの方、インバウンドを強化したいがやり方が分からない方にインバウンド強化成功事例セミナーにご案内させて頂きます。今回のインバウンド強化セミナーにおいて、別府の老舗旅館ホテルがインバウンド強化による、売上と稼働率のダブルアップを実現できたノウハウを丸ごと公開致します。

     今回本メルマガ限定では、『インバウンド強化するために海外OTAの活用方法』をお伝えいたします。

    ◆改めて海外OTAの活用方法とは?

    ①海外OTAトップ3社特徴を理解する
    海外OTA強豪3社Booking、Expedia、Ctripそれぞれの特徴をご紹介させて頂きます。
    ⒈ Booking.com
    世界中で圧倒的な宿泊数と宿泊タイプが揃い、40以上の言語で24時間・年中無休のお客様サポートが提供され、宿泊先滞在の24時間前まではキャンセルが無料。世界最大規模の旅行ECサイトとなっております。特に欧米圏によく利用されています。
    ⒉ Expedia
    ダイナミックパッケージが予約可能なコンテンツとしては世界最大の規模となり、JTBと業務連携を行い、共有在庫を利用することができます。旅館に特化したページが作られており、旅館集客に強みを持っています。アメリカに本社があり、アメリカでの利用率が非常に高いです。
    ⒊ Ctrip
    中国最大手の総合的な旅行サービスプロバイダーとなり、中華圏で圧倒的な利用率を持っております。もちろん中国だけでなく、香港、マカオ、台湾を含む中華圏では、圧倒的なホテルのラインナップを揃えて、売上高は世界3位です。

    各OTAの特徴、利用地域、客層が違いますので、海外OTA集客最大化を目指すであれば、できるだけ多くのOTAと契約することをお勧めします。

    ②海外OTAの運用管理
    各OTAによって強い国・エリアが異なりますので、当然予約の動き、利用者層、リードタイムがそれぞれ違います。多くの施設様がOTAと契約した後、それぞれの特徴を把握したうえで、OTA運用管理ができていなければ、どうしても価格競争に陥り、集客効果が悪くなってしまいます。そこで、施設様がまず特化したい国や地域、客層を明確して頂き、その国や地域の状況に合わせて、プラン管理、プロモーションや広告運用を行っていく必要があります。

    ここで、OTAプラン管理による、コンバージョン予約比率増加した事例が1つご紹介させて頂きます。
    ある施設様が中華圏のインバウンド客に強化するため、Booking、Ctrip、Rulex3社と契約しております。各チャネルにおいて、競合施設と比べ予約比率が低い状態でした。各OTAで中国プラン名が乱立され、かつプラン名が分かりにくいことが発覚し、新しくプラン名を整備することからスタートしました。結果的に、新しいプラン名が各OTAに反映した結果、Ctripのコンバージョン予約比率が120%改善されました。やはり、海外OTAと契約だけではなく、しっかりプラン管理を行うことでインバウンド集客の効果が現れてきます。

     今回のセミナーは、老舗旅館ホテルの成功事例紹介を含め、外国人に選ばれる施設となるために必要な要素、今から取り組むインバウンド強化3つのステップなど、凝縮されたインバウンド集客のためのノウハウを一気にご紹介致しますので、是非ご参加いただければ幸いです。


    ◇◆◇◆◇◆セミナーへのお申し込みは下記から◇◆◇◆◇◆

    船井総合研究所が開催する宿泊業インバウンド強化成功事例セミナー!
    『宿泊業インバウンド強化成功事例セミナー』◇3月25日東京開催参加募集中!

    《詳細はコチラから》

    ◇◆◇◆◇◆勉強会へのお申し込みは下記から◇◆◇◆◇◆

    船井総合研究所と陣屋コネクトが開催する!週休2日の宿泊施設を実現する経営勉強会
    『週休2日旅館経営研究会』◇東京開催の無料お試し参加募集中!
    《詳細はコチラから》
    http://leisure-business.net/benkyokai/

1 / 6012345...102030...最後 »
  • 0120-958-270
  • 無料お問い合わせはこちらから