無料メルマガ登録 お問い合わせはこちら

人材育成と業績アップの評価賃金制度

評価賃金制度に関する無料経営相談を申し込む

人が伸び、業績が上がる!経営者の悩みを一気に解決する評価制度導入の4ステップ

評価賃金制度導入の4つのメリット

メリット1生産性向上

メリット2採用力向上

メリット3幹部教育

メリット4社員定着率向上

こんなお悩みございませんか?

会社が大きくなったが、評価賃金制度がない

評価賃金制度があるが、運用できていない

今の評価賃金制度が自社に適していない

船井流評価賃金制度で全て解決!!

船井流評価賃金制度の3つの特徴

point1 旅館業特化

コンサルタントと打ち合わせの様子

船井総研の人材育成型評価制度は「人を育てて業績向上」の達成を目的にしています。
“旅館業専門コンサルタント”がその業界に必要不可欠な知識スキルを各役職ごとに抽出し、最も効率よく習熟できるよう評価制度に落とし込みます。そして評価項目の達成度や習得度に応じた賃金体系を作成します。現場の管理者にとって必要不可欠な、現場で使える評価制度を作成できることが、船井総研が選ばれる最大の理由です。

point2 社員が育つ

社員同士の打ち合わせの様子

自社に人事評価制度のシステムを導入しても、評価の仕方が現場で浸透せず、結局何も変わらなかったという結果になりがちです。
船井総研の人事評価制度では、プロのコンサルタントが現場での人事評価制度運用のフォローをするため「導入はしたけれど現場で生かせない」という問題は発生しません。さらに評価制度の作成だけでなく、採用→教育(生産性向上)→評価というサイクルを一貫して構築し、定着率アップ/戦力化を実現していくようにサポートしていきます。

point3 業績アップに直結

コンサルタントと握手している様子

評価に対する社員の3大不安要素は、「なぜ、評価されないのかがわからない」「なぜ、評価されたかがわからない」「どうしたら評価されるのかがわからない」です。それを評価制度で解消します。また、会社への貢献度合いが高い人財には給与配分を多くするなど「やりがい」=「報酬」を評価制度で結び付けていきます。

船井総研の評価賃金制度と他社の評価賃金制度の違い

船井流評価賃金制度のメリット

メリット1 専門知識と豊富な事例・情報量で貴社だけに合った独自の制度をご提案します。

旅館業を専門に事例が豊富ですので、貴社にとってどのような制度がベストか、最適な答えを導き出します。パッケージになっている人事制度では現場で活用できません。私たちは、貴社の経営理念や事業計画も理解した上で、現状にとらわれないベストなご提案を行います。

コンサルトが書類を見せながら説明している様子

メリット2 短期間で完成度の高い制度の構築が可能です。

貴社の時間的、費用的負担を極力減らし、なおかつ十分満足いただける制度を提案いたします。

メリット3 業績が向上し人材が育っていく評価賃金制度をご提案いたします。

評価賃金制度は、社員を守るためだけのものではありません。貴社の収益性、生産性を高める有効なツールになります。適正な人件費の配分、1人あたりの生産性があがっていく制度を構築いたします。

サラリーマンの手のひらの上にお金袋のイラスト

メリット4 経営層の価値観の浸透化、戦略的な人材育成の仕組みまでを構築、ご提案いたします。

評価賃金制度を通じて、トップ層の価値観の浸透化を図れるよう構築いたします。また、今後の事業展開、利益増大に向けた戦略的な人材育成の仕組み(評価制度を活用した管理職の部下に対するOJTの仕組み)までを ご提案いたします。

メリット5 より公平、客観的な立場からの提案で社員の納得、モチベーションを引き出します。

社内のメンバーだけで制度を構築すると、社員同士の利害の対立や温情により、本来の目的から外れたりバランスの悪い制度になってしまう恐れがあります。弊社コンサルタントと貴社とのディスカッションにより、より良い制度の構築が実現します。

サラリーマンのガッツポーズ

船井流評価賃金制度の流れ

現状把握/目的および方向性決定

・現状把握、目的確認 ・未来組織図の作成 ・給料体系の方向性決定

キャリアパス/組織設計

・キャリアパスの決定 ・階層の検討、決定 ・職種の検討、決定

評価シートの作成

・支配人/料理長の評価項目の検討
・評価段階、評価ウェイトの決定
・店長の評価シートをベースに全階層、職種の評価シートの作成など

給与体系の見直し

・月次給の内訳の検討と決定
・給料テーブルづくり
・給料の移行シミュレーション など

運用方法の決定/ガイドブック作成

・運用方法の決定/評価賃金制度のガイドブック作成〜目的、制度の考え方、運用方法などを記載〜

説明会/評価者研修の実施①

・説明会、評価者研修の実施

テスト運用/運用を通じた精査

・評価項目の精査(より現場にあった項目へ)
・評価項目数の再検討 ・評価段階の再検討
・給料シミュレーション→最終決定

説明会/評価者研修の実施②

・説明会、評価者研修の実施

評価結果に基づいた各種研修の実施

・テーマ別研修、階層別研修の実施
例:計数管理、チームマネジメント、部下育成など
※マーケティングとマネジメントの分野のレベルアップ

まずは無料の経営相談から

評価賃金制度に関する無料経営相談を申し込む

人が伸び、業績が上がる!経営者の悩みを一気に解決する評価制度導入の4ステップ 船井総研コンサルタントの独自分析レポート